弐寺メインでプレイしてます。スコアの出ないへっぽこ人間どす。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネタなしのため落書き
2007年07月06日 (金) | 編集 |
何もない、何もない。KINですが何もない。



ただ帰ってもらうのもアレなんで、落書きでも貼っときます。


[続きを読む...]
スポンサーサイト
MUSIGに出ちまったよ、某声優アイドル!!
2007年05月11日 (金) | 編集 |
とりあえず、もう一つの日記になるのかにゃ?

読売テレビにて放送されている、MUSIGという番組がある。その番組に何故かしょこたんが。何やら好きな声優を呼びましょうという話になり、呼び出されたのは…。




水樹奈々!





ちいと思うが、ヘッドって結構テレビ出てね?




とりあえず、万が一知らない人はヘッドの公式サイトWikiを見て下され。



話が進み、ジョジョの話になった時に、キャラの捻れたポーズをするしょこたん。




ああ、こんな感じこんな感じ!

20070511012014


このあと、出演者全員でこのポーズをすることになる。スゴい光景だ。

続いて怪談話になると真剣に聞いているのか、固まっているのか、スゴい顔のヘッド。

200705110120142




そして、何かお料理コーナーに発展し、レースのエプロンを付けるヘッド。


山ちゃんはものすごくそそられたらしく、本音をポロリ。



言葉もだが、手つきもエロいよ、山ちゃん!



200705110120144




[続きを読む...]
懐かしきビデオが出てきたよ
2007年03月15日 (木) | 編集 |
ういっす、KINでありんす。

卒研の実験は終わった……はずが、何故かまだ実験してるオレ…。何でだよ…。

で、講座でちまちまやってると、aki氏から昔借りたものを返したいとメールが。で、何が返ってきたかというと…。



爆ジルビデオ『踏み放題』



20070315232915




このビデオは岩田光央という声優が罰ゲームとして東京-大阪間を中古のカブで爆走する話である。所持金は\10,000。


約10年前のビデオだから若いわ。当時のオレは多分高校生のはず。

200703152329152




昔のラジオ大阪はとんでもない罰ゲームを考えたなとか思った。今でいう耐久マラソンや黄金伝説みたいな感じ?


バイクで走りながらチェックポイント(イベント会場)を経由していく岩田氏はすごかった。ここまで体当たりな声優は彼以外いない。\10,000をパチンコですったのはご愛嬌?



ゴール直前の岩田光央。


200703152329154




ゴールは輝かしい感動シーンだったが、翌年以降も罰ゲームをふっかけられ、踏まれまくってた。

鍋の具を探しに行かされたり、宝石掘りに行かされたりするが、それはまた別のお話。



彼の未来に幸あれ。



どうでもいい話で申し訳ないが、コレにてノシノシ。
[続きを読む...]
アニメ業界の危惧
2006年11月19日 (日) | 編集 |
どうも、こんばんは。KINです。

今日は昨日の夜に大量にCDを借りたので、一気に聴いてみました。






139曲。






ネギま!に始まり、ローゼンやidolm@ster、Aice5にALI PROJECTなど……計22枚。最近のアニソンはちと疎かったので、友人Sの趣味とはいえ、堪能しました。





しかし…、





個人的な意見ですが、最近のアニメやアニソンを見てみたら、なんだかな~って気がする。特定ジャンルに走りすぎてないか?また、同人業界に押され始めてないか?


ナムコのゲームである『idolm@ster』を例に取ってみる。とらのあなで見つけた同人作品であるiM@s to go!とidolm@sterのオリジナルと聴き比べてみても、遜色ない。

また、他の同人作品の中には普通にアニソンとして一般販売されてる作品に勝るようなものも存在する。

さらには、『夜明け前より瑠璃色な』など、キャベツをメロンと叩かれるなど、アニメ作品の質の低下を著しく垣間見えさせる結果となってしまった。




今のアニメ業界の方々は一般のアニメ業界と同人業界は別世界とか生ぬるいことを考えている人間もいるのではど思うが、




別に同人作品はマニアやオタクだけの作品などではない。




最近では、『涼宮ハルヒの憂鬱』が大ヒットし、平野綾が表に出てくるということもあったが、それにあぐらをかいてないか?

一応作品として出している以上、まともなモノにして出していただきたい。というより、つらく割に合わなかろうがプロ意識をしっかりと持って働いていただきたい。





そうしないと柔軟な同人業界に今のアニメ業界を支配されても文句は言えない。








適当な作品を出して何でも買うと思っているならバカにしすぎだ。









少し不甲斐ないアニメ業界に活を入れると共にエールを送りたい。


プライドを持って作業されてる方々には申し訳ないと思いますが、これが今のワタクシのアニメ業界の印象です。





なら見るなというツッコミは勘弁してください。






それではさいなら。
テーマ:ヲタク人日記
ジャンル:アニメ・コミック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。